パートナーエージェントに入会できる条件や方法とは?

結婚相談所の入会方法って結構複雑なのでは?と思う人もいるのではないでしょうか?手続きとかちょっと面倒くさいイメージがありますよね。また、入会条件も気になるところだと思います。ということで、入会条件や入会方法について調べてみました。

入会できる条件ってどんなの?

パートナーエージェントでは誰もが入会できるというわけではなく条件が設けられています。その条件とはこちら。

【年齢】

  • 男性:22歳→54歳前後の人
  • 女性:20歳~44歳前後の人

【仕事・収入】

  • 男性:定職に就いていて一定以上の収入がある人(前年度の源泉徴収または3ヵ月以内の給与明細が必要)

または、個人事業主、フリーランスでの就業、業務委託契約を結んでいる人(確定申告書が必要)

  • 女性:特になし

【婚暦】

法律上独身、婚約者や同棲関係を含む事実上婚姻関係のない人

【提出書類】

独身証明書(3ヵ月以内に発行されたもの)、身分証明書(免許証など)、収入保証書(源泉徴収や確定申告など)、卒業証書、写真(過去3ヵ月以内)、資格がある場合証明するもの

収入保証書や独身証明書の提出が必要になるなど、ちゃんと仕事もして収入もあり、独身の人しか入会できないので、冷やかしやフリーターなどの人は入会できなくなっています。

独身証明書はあまり聞きなれないかもしれませんが、本籍のある役所に行けば発行してもらえます。また、本籍が遠方にありなかなか行けない人は郵送での発行も可能なので安心です。これだけきちんとしていれば、変な人がいる心配もないので安心して婚活できますね。

中高年向けのプランもあるって本当!?

結婚相談所ってあまり中高年がいないイメージがあったのですが、ここでは中高年限定プランがあるんです。その名もPAX MEMBERS。これに入会することにより同世代の人と出会うことができるので、婚活しやすくなりますよね。

また費用も特別高いということもなく、通常の料金で大丈夫なので安心です。同世代の出会いがないと嘆いていましたが、これだと安心。ただ、中高年プランは地域によって入会できる年齢が変わりますので注意が必要です。またこちらも入会するための条件が設けられています。

【年齢】

  • 関東地域→男性:55歳以上~64歳以下、女性:45歳以上~54歳以下
  • 関西地域→男性:55歳以上~59歳以下、女性:41歳以上~49歳以下
  • 東海地域→男性:50歳以上~59歳以下、女性:40歳以上~49歳以下

【仕事・収入】

  • 男性:定職に就いていて一定以上の収入がある人(前年度の源泉徴収または3ヵ月以内の給与明細が必要)

または、個人事業主、フリーランスでの就業、業務委託契約を結んでいる人(納税証明書、受託契約書などの書類も必要)

  • 女性:特になし

【学歴】

高卒以上

【婚暦】

法律上独身、婚約者や同棲関係を含む事実上婚姻関係のない人

【必要な書類】

独身証明書、収入保証書(給与明細など)、写真、卒業証書

PAX MEMBERSは3つの地域でしか実施されていないようですね。過去の実績を元に作られたということなので、他の地域では中高年の需要があまりないのかもしれません。なのでこちらのプランをお考えの人は、地域と年齢をよく確認してから入会するようにしましょう。

どうやって入会するの?入会方法は?

パートナーエージェントに興味はあるけどすぐに入会するかといわれると、少し悩んでしまいますよね。お金も安くないですし、自分と合わなければ登録したことを後悔しそうです。

なので一度、無料相談会に行くことをおすすめします。無料相談会は約90分間あり店舗の雰囲気やどのようなサービスを提供しているか、など説明してくれます。無料相談会にいったからって、無理に勧誘されることはないので安心してください。

一度持ち帰ってじっくり考えてからここで婚活したいと思えば入会して良いし、ちょっと違うと思えばちゃんと断ることもできます。無理な勧誘がないので、じっくり考えることができますね。

そこで入会したいと思えば契約手続きを行いましょう。契約手続きは、必要な書類と登録料、初期費用などを準備し、直接店舗に行けば入会の手続きをすることができます。

必要な書類や登録料などは、無料相談のときに説明してくれるので、分からないことなどがあれば無料相談会のときに色々質問しておきましょう。

パートナーエージェントは解約することができるのか?

パートナーエージェントでの解約方法は3種類あります。無事成婚した人がパートナーエージェントでの活動を終了するときの成婚退会と自己都合による途中退会、そしてクーリングオフによる退会です。それぞれどのような手続きが必要か調べてみました。

成婚による退会方法は?

無事良い相手が見つかり成婚できた場合、成婚退会という流れになります。成婚退会の流れとして、まず直接店舗に行きます。2人が違う店舗を利用していた場合は、どちらかの店舗に2人で行けば大丈夫です。

次に店舗にて説明を受けたり書類を記入したりします。また成婚料として54,000円必要になりますので注意しましょう。手続きがすべて終わったら、結婚行進曲が流れスタッフに祝福されながら見送られます。

この見送り、ちょっと恥ずかしそうですが、でも良い記念になりそうですね。

途中で退会する場合は?

なかなか良い人が見つからなかったり経済的な問題などで自己都合で退会することもできます。中途退会の手続きとして、まず担当のコンシェルジュに伝えましょう。そこで退会の理由など聞かれますが、その際引き止められることもあります。

本当に中途退会したいのなら、最後まで自分の意思を貫く必要があります。本当に辞めたいならそれなりの覚悟を持って行きましょう。

退会手続きとして、郵送かオンラインですることができます。郵送なら退会用紙が送られてくるので、記入し返送すれば完了です。オンラインの場合は、自分のマイページに退会フォームが送られてくるので、必要事項を入力し送信すれば完了です。

ただし、中途退会するには、手数料として21,600円が必要になりますので注意しましょう。

クーリングオフでの退会とは?

パートナーエージェントでもクーリングオフ制度は使えます。ただし、8日以内に申請しないといけないので注意が必要です。

契約書に記入、捺印したあとでも8日以内に申請すれば無条件で解約することができるので契約したけどやっぱりやめたいというときはクーリングオフ制度を使うことができます。その際、支払った金額も入会申込者に全額返金されるので安心ですね。

ただ8日以上になってしまうと途中解約になってしまい手数料も発生してしまいますので注意しましょう。

他の結婚相談所はどうなの?

結婚相談所といっても、いくつかありますよね。パートナーエージェントは成婚率No1というけど実際にそうなのでしょうか。他の結婚相談所と比較してみました。年間費用についてはプランによって誤差がありますので、参考程度に見てください。

【パートナーエージェント】

  • 会員数:11,651名
  • 成婚率:28.6%
  • 年間費用:365,00円

【楽天オーネット】

  • 会員数:48,000名
  • 成婚率:22.0%
  • 年間費用:272,8007円

【エン婚活エージェント】

  • 会員数:18,737名
  • 成婚率:20.0%
  • 年間費用:153,800円

【ツヴァイ】

  • 会員数:32,293名
  • 成婚率:17.4%
  • 年間費用:219,000円

こうやってみると、パートナーエージェントの会員数はとても少ないですね。会員数が少ないと出会える人数も少ないんじゃないかと思ってしまいます。

でも安心してください。パートナーエージェント自体の会員数はとても少ないですが、CONNECT-shipを利用することにより会員数もグンと増えるので人数についてはそこまで心配する必要はないでしょう。

また料金は他の結婚相談所より高いですね。料金も安く会員も多いところの方がお得なのでは?と思ってしまいますが、でもパートナーエージェントでは一人一人に専任のコンシェルジュがついてくれます。

コンシェルジュは200時間以上の研修を行い、また独自のトレーニングシステムを構築し高いコーチングスキルを身につけていますので、その人の理想の相手を紹介することができ、婚活を徹底的にサポートしてくれます。そのため料金が少し高くなっているといえるでしょう。

ですが、コンシェルジュの徹底的なサポートのおかげで、成婚率は他の結婚相談所より高くなっています。他の結婚相談所は20%前後に対し、パートナーエージェントは30%弱と高い数字になっているので、高いお金を払ってでも入会する価値はありそうですね。

まとめ

  • コンシェルジュは研修などを行っているためスキルが高い
  • パートナーエージェントは成婚率が高い
  • 中高年向けのプランがある
  • 中高年プランは地域限定
  • 割引を使ってお得に登録しよう
  • 中途解約する際は手数料が発生する

普段異性との出会いがなくてもパートナーエージェントに登録すればたくさんの人と出会うことができます。また、優秀なコンシェルジュにより自分の理想の人を紹介してくれるため、成婚率も高いです。

婚活を考えている人はぜひパートナーエージェントに登録してみてはいかがでしょうか。